ウォーターサーバー

水素水の持ち歩きにオススメのボトルはこれだ!オススメ3選!

健康に良いとされている水素水ですが、水素水のウォーターサーバーをお持ちの方は自宅以外でも水素水が飲めたらなぁとお感じではないでしょうか。

ただ、ペットボトルなどでは比較的早くに水素が抜けてしまい、残念ですよね。

 

それで今日は、水素水の持ち歩きにオススメのボトルをご紹介します!

水素水ウォーターサーバー事業者のわたしが選んだオススメのボトル3選です!

第一位:ガウラ アルミボトル

おすすめ第一位は【ガウラ アルミボトル】です。

水素を3-4時間ほど持続させることができます。

アルミボトルなので衛生的ですし、冷たさもキープできて、いつでもどこでもおいしい水素水を飲むことができます。

お値段は3,000円ちょっとですが、毎日使うことを考えればお値打ちなのではないでしょうか。

カラーも6種類あり、お好きな色を選ぶことができます。

第二位:水素水専用保存容器 HWATER-BAG

第二位は水素水専用保存容器 HWATER-BAGです。

特徴として

  • 逆止弁付きキャップ
  • 5層アルミフィルム
  • 樹脂製ガード

があります。

水素は空気に触れると抜けていきます。

ですから、逆止弁付きキャップがあると水素が抜けていくのを抑えることができますね。

5層のアルミフィルムによって、しっかりと水素濃度を保ちます。

そして樹脂製ガードがあるので、何度使ってもへたってしまうのを防ぎ、繰り返し使用することができます。

直接、口に付けて飲むのは抵抗があるかもしれませんが、職場やお出かけ先でマグカップやコップがあるなら、この商品がおすすめです。

お値段は3個セットで3,000円!

第三位:ソウイ(SOUYI) 水素水生成器

第三位はソウイ(SOUYI) 水素水生成器です。

こちらは水素水を作ることができる機器となっていますが、水素水の持ち歩きにもおすすめです。

AC電源かUSBがあれば、仮に水素濃度が薄くなっても、出かけ先で飲み干してしまってミネラルウォーターしかなくても、水素水を作ることができます。

たった3分で水素水のできあがり!いいですね!

お値段は少し高めの5,980円ほどとなっていますが、水素水を作ることもできると考えるとお安いのではないでしょうか。

容量は420mlと、持ち運びにはちょうどよいサイズとなっています。

職場やお出かけ先にAC電源かUSBがある方なら、こちらの商品がおすすめです。

 

まとめ

老化のもととなる活性酸素。

水素水はその活性酸素を排出し、健康に寄与すると言われています。

せっかく家でおいしい水素水を飲める環境があるなら、お出かけ先でも飲みたいですよね。

ペットボトルではすぐに水素が抜けてしまいますので、この機会に専用のボトルをおすすめします。

水素水のウォーターサーバーについてはこちら

【2020年】ウォーターサーバー事業者が語るAquaBankウォーターサーバーのメリットとデメリットとは?この記事では、株式会社アクアバンクが出しているウォーターサーバーについてご紹介したいと思います! 現在、ウォーターサーバー事業に関...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です